お葬式の準備はお盆の頃から着々と

お葬式の準備は着々と進めたいものです。
自分の両親や親戚の高齢の方が、まだ生前の間から準備するのは正直言って心苦しい事です。
親戚一同が集まっても、なかなかお葬式に関する話題は切り出す事が出来ないのが実情かもれません。
しかし、いずれ最期の時は誰でも訪れます。日頃からフランクにお葬式の準備をどうするかは一族が揃うお盆などのシーズンを利用して、着々と進めておきたいところです。
かつては生前の間からお葬式に関する話し合いをする事はタブー視されていましたが、今では生前分与や終活などの言葉が流行る程、人生のエンディングに関する話題は、良い意味でカジュアルになりました。

お正月にお葬式の話題をするのは流石にムードが違っています。
しかし、亡くなられた方々を偲ぶお盆や法事などのシーンであれば、比較的気軽に相談する事が出来ます。
親戚が皆、同意したスタイルであれば一安心です。親戚の方々によっては仏教式、キリスト教のスタイルと、それぞれ求める形式が違いますので、前もっての確認と同意の取り付けが大事です。

人生の晩年を迎えるにあたり、自分の願いや家族へのメッセージなどをまとめておくエンディングノートを書く人が増えています。もしものことが起こる前に家族に自分の意思を記録しておくことは重要です。
エンディングノートに書いておきたいことの1つに、葬儀についての希望があります。従来は葬儀といえば、故人と生前に関わった友人や仕事関係者、趣味の仲間など、家族以外の人も多く呼ぶものが主流でした。しかし最近では、大げさなものにしたくない、費用を抑えたいなどの理由で、家族や親族などごく身近な人だけで故人を送る家族葬を選ぶ人が増えています。エンディングノートにはこうした葬儀のタイプのほか、使用する写真や音楽などを伝えておくと、残された家族が故人の好みに合った形式を整えることができます。
生きているうちに葬儀について考えるのは抵抗があるかもしれません。しかし誰もが迎える死を見つめ、残された家族の負担を少しでも軽くするには、こうしたことを事前に検討しておくのは大事なことです。

<PR>工務店向け集客ノウハウ / 英語上達の秘訣 / 英語上達の秘訣 / マッサージのリアル口コミ.com / 住宅リフォーム総合情報 / アフィリエイト相互リンク / 心の童話 / JALカード / 童話 / 初値予想 / オーディオ / 女性の人生 / 家計見直しクラブ / GetMoney / 内職 アルバイト /