葬儀から四十九日法要までの流れについて

葬儀から四十九日法要までの流れは、宗派によって細かな違いはありますが、基本的には通夜、葬式、告別式、火葬、初七日、四十九日法要の順となります。
通夜は故人との最後の夜を過ごすという意味合いがあり、故人が死亡した翌日か、もしくは翌々日に行われます。親しい友人や知人が亡くなった場合、日本では通夜には遅れても駆けつけるのがマナーとされていますが、諸事情により参列できない場合は、弔電や供花などを送っても問題ありません。この場合、香典は他の参列者にお願いするか、もしくは現金書留を利用します。
葬式は故人を弔うための儀式で、昼間に行われることから近年は親族のみで行われることも珍しくありません。
初七日法要は、亡くなってから七日後に行う法要で、その後も十四日目に二七日法要、二十一日目に三七日法要と、四十九日までそれぞれ法要が存在します。現在は初七日法要を葬儀の際に実施し、その他の法要も四十九日法要の際に一括して執り行うため、葬儀の後は四十九日法要だけ実施するのが一般的となっています。