お布施の意味と表書き

お布施とは僧侶へ謝礼として金品を渡すことを言います。または本尊へお供えするという考え方もあります。お盆の時に読経をいただいた時、戒名を授かった時に渡しますが、対価という意味ではありません。渡す時は直接ではなくお盆にのせるほうが好ましいです。お布施の金額は決まった額がなくよくわからない時は直接伺っても失礼にはなりません。
お布施の表書きには薄墨は使わず、封筒も白い無地で普通のものを使用します。二重封筒は不幸が重なると言われるので避けましょう。仏式、神式、キリスト教式の各場合も下段には喪主のフルネームを記入します。表書きにOO家と記入した場合は裏面にフルネームを書き、初めての場合は住所、電話番号も記入します。金額は記入しません。
弔辞の時のお金は新しいものだと「予め用意しておいた」と思われるので旧札を使うのが礼儀ですが、法事などでお布施を渡す時は新札を用意しておくのがマナーです。商品券や小切手などでお布施を渡すことは失礼なので、必ず新札の現金を用意しておきましょう。