葬儀に向けての準備

葬儀に向けての準備は早いに越した事はありません。亡くなる前から準備をする事は不謹慎だとする考え方もありますが、その時になってバタバタ慌てないことは故人のためになるとする向きもあります。要は考え方次第です。亡くなった後で急いで準備をして、結局思い通りに行かずに後から後悔すると言うのはよく聞く話です。急死の場合は無理ですが、ある程度死期が分かっていれば、静かに準備を進めることも大切です。
親類などと相談をしながら、依頼をする葬儀屋さんや告別式の場所など決めておくだけでも、ずいぶんと違います。喪主や受付等も併せて考えておけば、後になって悩むこともありません。これは残された者のためであるのと同時に、送られる側の立場も考えた上での行動であることを理解していれば、薄情だとか縁起でもないという指摘は当たりません。
数日の間に通夜や告別式、火葬、初七日法要のことなど決めるべき事がたくさんある葬儀は、その時になって初めて動こうと思うと大変です。頻繁にあるわけでもないので不慣れな事態に戸惑うことも多いです。事前の準備をできればしておきたいです。