お葬式

葬式の挨拶についてはよく考えた方が良い

知り合いやその家族、会社関係者等が亡くなった場合には葬式に出席することになりますが、その際に気を付けるべきことは挨拶です。
亡くなった方の遺族に対してはお悔やみの言葉や元気づける言葉をかけることが普通ですが、その時に使ってはいけない言葉もあるのでその点は十分に注意する必要があります。
お悔やみの言葉に関しては差し障りのないようなことを言った方が良く、死因について詳しく聞くような遺族が嫌がることは絶対に聞かないようにした方が良いです。
その時に忌み言葉も使ってはいけないのですが、それは例えば重ね重ねやたびたび、ますますのような言葉でこういった言葉を使うのは失礼に当たります。
忌み言葉についてあまり知らなければ仕方のない面もありますが、遺族が忌み言葉に関して気にする方だったら後々嫌な思いをすることもあります。
ですから最低限何を言ったらいけないのか、その辺りのことは日頃からよく確認しておくことが大切です。